日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~無料ネタバレ

6話ネタバレ「え?そんな奥まで咥えてるの?」木陰に隠れて喉奥まで突っ込まれていた涼音

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~6話ネタバレと見どころを紹介しています。

6話タイトル
「まるで動物みたい」
田舎の自然の中でセックスに耽る少年少女

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~6話ネタバレ

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟」6話は、

 

「どっちが先にイカせられるか」

「勝負しようぜ?」

 

親には「虫を捕りに山へ行く」と言って出かけてきた4人。

 

でも、

山へ来た4人の本当の目的は、

昔よく遊んだ神社でセ〇クスする

という事でした。

 

「はい、どうぞ♡」

 

服を着たままパンツを脱ぎ、

マ〇コを見せてくる愛実と涼音。

 

ヒロトとタケルもパンツを脱ぎ、

速攻でチ〇ポを挿入していくのでした。

 

「こんな場所でエッチするなんて」

「なんだか悪いことしてるみたいだね」

 

神社という神聖な場所、

そして、

小さい頃によく遊んだ思い出がつまった場所でのセ〇クス。

 

してはいけない行為が

4人を余計に興奮させてしまうのです。

 

さい銭箱に手をついて、

バックで挿入されてると、

 

「んっ・・・」

「あんっ・・・」

 

周りに誰もいない田舎の神社ということもあり、

愛実と涼音は声を我慢することなく

思い切りアエイでしまうのです。

 

 

「そ、そんなにタケルのチ〇ポがいいのかよ・・・」

 

イカされそうになってる姉を見て、
悔しい気持ちになってしまうヒロト。

 

愛実に挿入しているチ〇ポは

色んな感情でさっきよりも大きくなってしまうのです。

 

「あー・・・いくー・・・」

 

タケルにだけは絶対に負けたくない!

 

自分の優位さを示したいヒロトは

愛実のマ〇コに

乱暴にチ〇ポを叩きつけていく!

 

日に焼けるまで
~田舎の従姉弟と姉と弟~
▼無料立ち読みはこちら▼

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟6話感想と見どころ

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟」6話を読んだ感想は、

 

セ〇クスの快楽に憑りつかれてしまった4人。

まわりが何も見えなくなっていて、

ただ快楽だけを求める姿は

セ〇クスを覚えたばかり若者ってこんな感じだろう!

というほどリアルに描かれていて、
非常に見どころある内容でした☆
(#´Д`#)

 

つい数日前までは

童貞と処女だった4人。

 

さすがにまだ妊娠はしていないと思われますが、

何も怖くないというのは
若者独特の特権なんだろうな。

と思います。

(妊娠した経緯が親にバレてしまったら、両親たちはキレそうですねw)

 

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟」6話の見どころは色々あったと思ってて、

まず1点目は

色白の涼音のハダカの横に

日に焼けてる健康的な愛実のハダカが並んでるという絶景。

小さいおっぱいの涼音と
巨乳の愛実の揺れるおっぱいの比較。

 

セ〇クスが始まる前までは相変わらずツンツンしてる涼音ですが、

チ〇ポを挿入された瞬間から別人みたいにエッチな顔になるのも、エロくて良い感じです♡

 

そして2点目は、

セ〇クスが終わったあと

愛実とヒロトに見つからないように、抜けだしたタケルと涼音。

あの涼音ちゃんが
チ〇ポを咥えさせられて、

イラマチオさせられてるシーンは

今までで1番涼音ちゃんのエロいシーンだったと思います!